ベビーシッター、たまにはまったり行きましょう


by vwcnvmiem3

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 「忠臣蔵」(元禄赤穂事件)で知られる大石内蔵助(くらのすけ)の長男、主税(ちから)(1688〜1703)が、討ち入りの3カ月半前に高取藩(奈良県高取町)の親族にあてた書状が、高取町の民家に残されていたことが29日、分かった。「近く父と同道し遠方に参ります」などとつづり、秘密にされていた討ち入り計画に参加する決意をほのめかしている。赤穂浪士たちが江戸に集結する直前の緊迫した状況を生々しく伝える一級の資料となりそうだ。

 書状のあて先は、高取藩2万5千石の筆頭家老、中谷(なかねや)清右衛門の妻、香(こう)。主税の母、りくの叔母にあたる。元禄15(1702)年の「閏(うるう)八月廿七(二十七)日」と日付が記されており、主税は前年末に元服したばかりの15歳(数え年)だった。

 「仰せのように、私は近いうちに父内蔵助と同道し遠方に参ります。それにつきまして、まことに結構な品をお送りくださり、かたじけなく思います」と丁寧に礼を述べている。「結構な品」の内容は不明だが、父子の江戸入りを香が知って贈り物をしたことが読み取れる内容。極秘とされた討ち入り計画が、親族にはほのめかされていた実態がうかがえる。

 書状は「ことのほか取り込んでいますので、簡単に申し上げたようなことです」と結んでおり、江戸入りについての直接的な言及を避けながらも、忙しく準備を進めている様子をにおわせている。

 主税は約3週間後に当時住んでいた京都から江戸に出発。本懐を遂げ、元禄16年2月4日に切腹した。

 鑑定した瀬戸谷皓(あきら)・豊岡市立出土文化財管理センター所長は「日時、内容に矛盾がなく、筆跡からも真筆とみて問題ない。資料が極めて少なく、論じられることのなかった主税やその親類の研究を進めるうえで貴重」としている。

                   ◇

 ≪山本博文・東京大史料編纂(へんさん)所教授の話≫

 ■達筆、大人びた人柄

 「討ち入り計画をうすうす感じた親族が、贈り物をして門出を祝福しているように思える。主税はぼかした表現で今後の行動を暗示しており、面白い。達筆で抑えられた文面の中に、年のわりに大人びた主税の人柄と強い決意が感じられる」

                   ◇

【用語解説】元禄赤穂事件

 元禄14(1701)年3月、勅使(天皇の使者)をもてなす儀式の供応役に任命された播州赤穂藩主・浅野内匠頭(たくみのかみ)長矩(ながのり)が、指南役の吉良上野介(こうずけのすけ)義央(よしなか)に対し江戸城中で切りつけ、即日切腹、改易を命じられた。亡き主君の怨敵(おんてき)を討つべく、大石内蔵助を筆頭とする赤穂浪士47人が翌年12月14日、江戸の吉良邸に乱入、首を取って復讐(ふくしゅう)を遂げた。

【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(上)“名家育ち”破滅の人生 (産経新聞)
喪失した日本国籍求め提訴=比で出生の子、父は日本人−東京地裁(時事通信)
<公選法違反>後藤衆院議員の出納責任者が控訴(毎日新聞)
小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
特急衝突、客ら41人けが=トラックがスリップ、踏切に−北海道(時事通信)
[PR]
by vwcnvmiem3 | 2010-02-05 23:02
 政府は、NPO(民間非営利団体)や公益法人に関する税制の在り方について本格的な検討に入る。渡辺周総務副大臣を座長とする政府税制調査会のプロジェクトチーム(PT)が中心となり、5月をめどに結論を出す方針だ。鳩山政権はNPO法人などが担い手となる「新しい公共」の育成を目指しており、その活動を下支えする寄付税制の拡充などがテーマとなる。
 現在でも一定要件を満たして国から認定を受けたNPO法人は、税制上の優遇措置を受けられる。しかし、要件や手続きの複雑さなどから制度が浸透せず、4万近くあるNPO法人のうち認定法人は114(1月16日現在)にとどまっているのが現状だ。
 このため、民主党は制度の見直しや寄付税制を拡充する方針をマニフェスト(政権公約)に明記。政府の2010年度税制改正大綱には認定NPO法人などへの寄付金に対する所得控除の適用下限額を5000円から2000円に引き下げる措置などが盛り込まれた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜資金の出所隠す経理操作?〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)
タクシー運転手、窃盗少年に偽ヴィトン売る(スポーツ報知)
<お〜い!竜馬>近ツー国内旅行パッケージにイラスト起用で参加者が増加(毎日新聞)
<国後沖>露ヘリが日本漁船に照明弾(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴へ、石川議員ら3人4日起訴(毎日新聞)
[PR]
by vwcnvmiem3 | 2010-02-05 00:27
 シルクロードや仏教を題材とした絵で知られ、昨年12月に脳梗塞(こうそく)のため亡くなった日本画家、平山郁夫さん(享年79)のお別れの会が2日、東京都内で営まれた。美術界、政財界などから2千人以上が参列し、巨匠との最後の別れを惜しんだ。

 祭壇には白い花が敷き詰められ、文化勲章なども飾られた。遺影の下には、シルクロード上の太陽と月を描いた平山さんの絵を利用した2枚のびょうぶも立てかけられ、会場に幻想的な雰囲気を与えていた。

 弔辞に立った日本美術院の松尾敏男理事長は「平山先生は生涯を通じてシルクロードという言葉を定着させ、一般の人に日本文化の原点を考えるきっかけを作った。絵画がこんな啓発力を持ったのはかつてないことだった」と故人の業績をしのんだ。

 平山さんは数多くの作品を発表する一方、世界の文化遺産保護にも尽力。東京芸術大の学長も務めた。平山さんの影響力を象徴するように、献花待ちの列は会場の外にまで伸び、時折、穏やかな表情を浮かべる平山さんの遺影を見上げ、目元をぬぐう参列者の姿も見られた。

【関連記事】
画家、故平山郁夫氏に従三位 シルクロード、文化財保護などで
【週末に想う】大壁画に浮かぶ平山画伯の思い
和歌山・九度山町で平山郁夫さんの供養会
「ユネスコは友人失った」 平山氏死去で談話
平山郁夫氏死去 「原点は瀬戸内の風景」 故郷・尾道に美術館

橋下知事「国防は国が判断するべき問題」(産経新聞)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)
「大統領に黒人選んでまで」=米政権交代で言及−小沢氏(時事通信)
新型にも早く効く シオノギが抗インフル新薬(J-CASTニュース)
亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)
[PR]
by vwcnvmiem3 | 2010-02-04 01:42
 衆院は1日の本会議で、鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説への各党の代表質問を始め、自民党の谷垣禎一総裁と石原伸晃組織運動本部長が質問に立った。谷垣氏は鳩山政権の運営を小沢一郎民主党幹事長の「独裁」と追及。「小沢独裁に堕した鳩山政権の正統性はもはや失われている」と批判した。鳩山首相は「健全な党内民主主義を貫いている」と述べて「小沢独裁」を否定。「私は行政の長として責任、指導力をしっかり発揮していく」と強調した。

 谷垣氏は、増大する社会保障費の安定財源の確保に関して、超党派の「社会保障円卓会議」を設置するよう提案した。だが、鳩山首相は「必要なら将来的に考えていきたいが、まずは国会で審議するのが妥当」と応じなかった。

 代表質問は衆院が2日まで行われ、参院が2、3両日行われる。【野原大輔】

【関連ニュース】
小沢幹事長:再聴取受ける 立件なら辞任示唆
岡田外相:普天間を使用継続「他になければ」 首相は否定
衆院代表質問:「鳩山政権は小沢独裁」…谷垣氏が追及
鳩山首相:小沢氏事件捜査「冷静に見守る」
毎日新聞世論調査:民主党内の体制 有権者は不信感強める

<鳩山首相>幸夫人、賞品の宝石類を寄付(毎日新聞)
橋下知事も執務? “咲洲庁舎”6部4委2100人移転案(産経新聞)
<映画「アバター」>興行収入歴代1位 全世界1687億円(毎日新聞)
<おいしくて甘〜い>筆柿カレーが人気(毎日新聞)
元課長ら4人再逮捕=広島ガス子会社の架空取引−県警(時事通信)
[PR]
by vwcnvmiem3 | 2010-02-03 01:48
 国土交通省は29日、同省発注の水門工事をめぐる官製談合事件で、談合にかかわった旧建設省の元技監ら5人と、談合への関与が認定された建設業者23社に対し、総額8億6700万円の損害賠償を請求したと発表した。同省が官製談合防止法に基づいて元職員に損害賠償を求めたのは初めて。
 公正取引委員会は2007年3月、同省の元総合政策局課長補佐と元近畿地方整備局管理官が在職中だった01年7月〜05年5月まで、同工事の受注予定業者指名で官製談合があったと認定。併せて、元技監と元国土地理院院長ら3人が業界団体に天下り後、談合に関与したことも判明したとして、同省に改善措置を講じるよう要請した。
 同省はこれを受けて、同法に基づく損害賠償の可否を調査。実際の落札率と適正な入札が実施された場合の想定落札率との差から賠償請求額を算定し、受注工事52件で8億6700万円の損害があったと判断した。 

【関連ニュース】
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
鳩山首相、日航再建を全面支援=衆院予算委で本格論戦スタート
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分
消費増税、次期衆院選で問う=菅財務相インタビュー

生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR−環境省(時事通信)
捨てたタオルが逮捕の決め手に ひったくり容疑で会社員の男逮捕(産経新聞)
普天間移設問題 辺野古を“分断” 基地争点「これで最後」(産経新聞)
<地震>宮城県南部で震度4 午後1時29分(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
[PR]
by vwcnvmiem3 | 2010-02-02 01:51