ベビーシッター、たまにはまったり行きましょう


by vwcnvmiem3

精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ−農業生物資源研と麻布大(時事通信)

 雄の子豚から未熟な精巣組織を採取し、マウスの体内で精子を成熟させてから、体外で雌豚の卵子に授精させる方法で、世界で初めて子豚が誕生した。農業生物資源研究所(茨城県つくば市)と麻布大(神奈川県相模原市)が2日発表した。この技術は、食用豚を品種改良する際、1世代の間隔を短くしたり、野生豚の希少種の絶滅を防いだりするのに応用が期待される。
 同様の研究成果は、京都大と明治大、理化学研究所の研究チームが2002年に、ウサギの精巣組織をマウス体内で成熟させる方法で、子ウサギを誕生させたと発表した例がある。今回、家畜で初めて成功し、技術の実用化に向け一歩前進した。論文は英科学誌リプロダクションに掲載された。 

【関連ニュース】
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待
炭素分子2個の融合を観察=新薬開発などに貢献
ウナギの起源は深海魚=回遊の謎、DNA分析で解明

小沢氏不起訴 3被告の起訴内容(産経新聞)
<天皇陛下>ノロウイルスに感染(毎日新聞)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
石川議員ら保釈申請=小沢氏団体事件(時事通信)
新鮮さ保ったまま殺菌=リキッドガスと九大、新装置開発−野菜や果物に利用期待(時事通信)
[PR]
by vwcnvmiem3 | 2010-02-08 13:53