ベビーシッター、たまにはまったり行きましょう


by vwcnvmiem3
 慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)対策を話し合う厚生労働省検討会の初会合が11日開かれ、テレビ番組「笑点」で司会を務める落語家桂歌丸さん(73)が患者代表の委員として出席した。
 COPDは主に喫煙が原因で肺に慢性炎症が生じ、息切れなどが起きる病気。自覚症状のないケースを含め患者は約500万人に上るとされる。
 桂さんは「楽屋から高座の座布団に向かう途中で息切れし、最初の1、2分間は力が入らず、しゃべることができなくなった」と体験談を披露。以前は1日当たり50本のたばこを吸っていたが、体調を崩した昨年から禁煙しているという。
 別の委員からは、健康診断を切り口にCOPDに対する啓発を進めるべきだとの意見が出され、健康診断にCOPDの疑いが分かる問診を組み入れることなどを引き続き検討することとした。 

<子ども手当>満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)
首相、迅速対応を指示=都城市で口蹄疫―政府対策本部(時事通信)
菅首相の所信表明詳報(6)「税の番号制度導入を」(産経新聞)
自見郵政相が就任 民主・国民新、連立で「確認書」(産経新聞)
郵政法案で自見金融相「最優先で通ると確信」(産経新聞)
[PR]
# by vwcnvmiem3 | 2010-06-18 20:30
 平成21年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に出産する子供数の推計値)が20年と同じ1・37となり、4年ぶりに上昇が止まったことが2日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。ただ、出生数は107万25人と前年より2万1131人の大幅減となった。

 出生数が減ったにもかかわらず出生率が横ばいになったのは、分母となる出産期(15〜49歳)の女性数も減ったため。出生数は、平成17年に過去最少の106万2530人を記録した後、18〜20年は109万人前後と反転の流れにあったが、再び減少局面に突入した。

 出生数が再び減少に転じたのは、出産期の女性数減に加え、景気低迷の長期化で結婚や出産を見送る人が増えたことなどが影響したものとみられる。婚姻数は前年比1万8282組減の70万7824組だった。

 一方、死亡数は前年より487人少ない114万1920人で、出生数から死亡数を引いた「人口の自然増減数」は過去最大の7万1895人のマイナスとなった。自然減は3年連続で、本格的な人口減少時代に突入したことがより鮮明となった。

【関連記事】
「子育て」とすり替え…少子化から顔を背ける鳩山政権
子ども手当の支給額見直しは当然だ
不安定雇用の若者支援を急げ 晩婚化にも拍車
子供、29年連続減少 1694万人に 最少を更新 
子ども手当「人口」と無縁 止まらない少子化
「はやぶさ」帰還へ

<火災>住宅全焼2人死亡 連絡取れない子供たちか 大分(毎日新聞)
寛仁さま、トルコ特命大使ら犠牲者慰霊(産経新聞)
宙に浮く郵政法案 廃案か それとも強行突破か(産経新聞)
パキシルの販売を8月からGSKに一本化(医療介護CBニュース)
【50億キロの旅路 「はやぶさ」帰還へ】(下)挑戦の数々ほとんど達成(産経新聞)
[PR]
# by vwcnvmiem3 | 2010-06-08 04:54
 口蹄(こうてい)疫拡大で、政府の現地対策本部と宮崎県は22日、発生農家から半径10キロ圏内の牛や豚全頭へのワクチン接種を開始した。農林水産省によると、接種対象は総数で16万頭程度。ワクチン使用は国内初で、接種後は全頭を殺処分する。

 ワクチンは感染を完全には防げないが、政府は症状を抑えることで拡大のペースを遅らせ、殺処分を進める方針。県によると、獣医師らによる27チームが作業に当たった。豚約2万頭に優先して接種し、殺処分する。

 また、宮崎県は22日、県家畜改良事業団(同県高鍋町)から避難させた種牛6頭のうち感染疑いが確認された1頭が、6頭の中で精液の供給量が最も多いエース「忠富士」と明らかにした。県は忠富士を殺処分に、残り5頭を約1週間、経過観察とする。

 本来、疑い例と同じ場所で飼育中の牛や豚はすべて処分することになっているが、県は「宮崎牛ブランドを支える種牛を守るため」として例外措置を決めた。

 残り5頭も今後発症するなどして殺処分となった場合、宮崎県は計55頭いた種牛すべてを失うことになり、宮崎牛ブランドは大きな打撃を受ける。「松阪牛」で知られる三重県など子牛の出荷先への影響も必至だ。

 宮崎県によると、19日と20日に忠富士から採取した検体が陽性となった。県の発表によると、忠富士を含め、県内12カ所で牛と豚が新たに感染疑いとなり、被害地域は西都市と木城町を合わせ2市5町に拡大。発生農場などでの処分対象は計約13万3千頭に上る。

【関連:口蹄疫】
農水相発言で迷走、遅れた接種
20万頭ワクチン接種始まる
種牛エースも殺処分へ
避難の種牛1頭が感染の疑い
口蹄疫で家畜処分 時価評価額で全額補償へ
中国が優等生路線に?

県警警部補が高1少女にわいせつ容疑 新潟(産経新聞)
ゴタゴタ自民 推薦で県連と対立 参院選宮城(産経新聞)
郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲―亀井担当相(時事通信)
<ひき逃げ>路上に男性遺体 車に引きずられた跡 大阪(毎日新聞)
<サイバー大学>世界遺産学部の募集停止へ(毎日新聞)
[PR]
# by vwcnvmiem3 | 2010-05-29 07:52
 国際宇宙ステーション(ISS)に約2週間滞在した宇宙飛行士山崎直子さん(39)が16日午後、一時帰国した。25日まで滞在し、文部科学省などへの表敬訪問や記者会見を行い、宇宙滞在の体験を報告する予定。
 成田空港に降り立った山崎さんは、髪を肩の辺りまで切りそろえ、白いスカートスーツ姿。
 山崎さんは「日本語を話していると『帰ってきたなあ』という感じで感無量。いろんな人にお世話になったので、たくさんの人にミッションの報告をしたい」と満面の笑みを浮かべた。滞在中の抱負については「科学なくして国際宇宙ステーションはできない。科学はいろいろな分野を支えている重要なものということを伝えたい」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業
「宇宙滞在」の種子、紛失か=山崎さんシャトルで回収後

<在日米陸軍>司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)
「JAYWALK」中村被告に猶予判決(読売新聞)
首相、口蹄疫対策に「一定の問題あった」(読売新聞)
ストリートビュー、個人情報まで収集…メールも(読売新聞)
福島氏、普天間の閣議了解に反対=首相、協議継続を要望(時事通信)
[PR]
# by vwcnvmiem3 | 2010-05-21 11:07
 広島県海田町の交番に投石し窓ガラスを割ったとして、県警海田署は11日までに、器物損壊容疑で、中学3年の男子生徒(14)ら少年3人を逮捕した。同署によると、生徒らは「自転車の2人乗りを注意され腹を立ててやった。スリルを感じていた」などと話しているという。
 同署は、ほかにも投石に加わっていた少年がいたとみて調べる。 

【関連ニュース】
ホームから男子生徒突き落とす=暴行容疑で16歳逮捕
女子中生にわいせつ行為=容疑で43歳会社員逮捕
女子中生に売春させる=容疑で男子大生2人逮捕
米兵家族の少年ら3人逮捕=タクシー強盗容疑
女子中生に売春させる=容疑で男子高生逮捕

堀内氏、夫婦二人三脚…地元・甲府で始動(スポーツ報知)
4月の振り込め被害が最悪=緊急撲滅月間実施へ−高齢者宅訪問も・警視庁(時事通信)
海難事故 貨物船同士が衝突…1隻が転覆 周防灘(毎日新聞)
山田花子さん 結婚を発表 39歳の一般男性と3日に(毎日新聞)
郷田九段、寝坊で不戦敗のペナルティーでファンと対局(スポーツ報知)
[PR]
# by vwcnvmiem3 | 2010-05-13 08:12